教育方針・ポリシー|高知リハビリテーション専門職大学

教育方針・ポリシー
Kochi Professional University of Rehabilitation
教育方針
高知リハビリテーション専門職大学は、「リハビリテーションに関する高度で専門的な知識と技能を修得した、至誠心に富み、信頼される理学療法士、作業療法士、言語聴覚士を育成する」という大学の理念に基づいて教育研究活動を行います。本学の特色を踏まえたディプロマ・ポリシー(学位授与方針)、カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)、アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)を策定しています。
 
1. ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
本学において所定の期間在学し定める単位を取得し、下記の能力を身に付けた学生に学位を授与する。
(1) 専門知識・技術の活用力
専門職として必要とされる教養、専門的な知識や理論、技術、態度を修得し、状況に応じて総合的に活用することができる。
(2)コミュニケーション能力
対象者と円滑なコミュニケーションをとることができ、相手の立場を尊重した人間関係を構築することができる。また、社会及び地域のニーズに対応できる知識と柔軟な協調性を身につけ、多職種との連携・協働を行うことができる。
(3)生命の尊厳と人格を尊重した実践力
対象者が持つ背景や価値観の多様性を理解し、相手の立場を尊重することができる。また、実践場面において如何なる場合でも、専門職としての役割を倫理的に判断し、行動することができる。
(4)問題発見・解決力
対象者の問題や課題の解決に向けて、必要な論理的・実践的知識および資源を活用し、根拠に基づいた適切な方法を選択・計画し、安全かつ的確に行動することができる。
(5)自律的で意欲的な態度
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士として医療の進歩や社会のニーズの変化に対応できる専門技術や知識を修得するために、生涯にわたり探求心をもち自己研鑽を継続することができる。
 
2. カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
(1) 幅広い教養や視野、リハビリテーションに関連する知識と技術を有し、利用者中心のサービスを提供できる人材を育成する。
(2)他者を理解する心とコミュニケーション能力を向上させ、関連職種との連携能力やリーダーシップ力を身につけた専門職業人を育成する。
(3)専門職業人としての倫理観と責任感、専門知識や技術を身につけ、対象者に対して質の高い治療またはサービスを施行でき、社会に貢献できる人材を育成する。
(4)論理的思考に基づく判断力と問題解決ができる実践能力を育成する。
(5)リハビリテーション領域について優れた専門職業人になるための意欲を高め、常に向上心を持ち、生涯教育等自己研鑚できる能力を育成する。
 
3. アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
(1) 本学の専門分野を学ぶために、高等学校で身につける文科系・理科系にわたる基礎的な知識・教養をもつ人(知識・教養)
(2)自分の行動に責任を持ち、自ら考え、自ら問題を見つけ、これを解決できる人(思考力・判断力)
(3)幅広い人間性、柔軟性と協調性を有し、周囲の人と良好な関係を保つことができる人(協働性)
(4)専門分野への探求心をもち、社会の変化に合わせ自分も進化させることができる人(探求心)
(5)保健医療福祉に対する意欲や関心度が高く、この分野に貢献したいという目的意識と情熱をもつ人(関心・意欲)
 

PAGE TOP