教員|理学療法学専攻|高知リハビリテーション専門職大学

教員紹介

基本情報
氏名(漢字)
片山 訓博
氏名(ローマ字)
katayama kunihiro
所属
リハビリテーション学科 理学療法学専攻
職名
准教授
基礎データ
学歴(学位)
平成 7年3月 学校法人高知学園高知リハビリテーション学院 理学療法学科 卒業
平成 7年9月 佛教大学社会福祉学部社会福祉学科 卒業 学士(社会学)
平成18年3月 高知女子大学大学院人間生活学研究科 人間生活学専攻 修了 修士(学術修士)
平成25年3月 信州大学大学院総合工学系研究科 学位取得 博士(学術)
職歴
平成 7年4月 医療法人景岳会南大阪病院 リハビリテーション科 理学療法士(平成8年3月まで)
平成 8年4月 日本赤十字社高知赤十字病院リハビリテーション科 理学療法士 (平成16年3月まで)
平成16年4月 学校法人高知学園高知リハビリテーション学院 理学療法学科 助教授 (平成31年3月まで)
平成31年4月 学校法人高知学園高知リハビリテーション専門職大学 理学療法専攻学専攻 准教授(現在に至る)
所属学会
日本理学療法士協会
日本リハビリテーション医学会
高知県理学療法士協会
理学療法科学学会
日本保健科学学会
高所トレーニング環境システム研究会
アスリートケア研究会
学会における活動
平成18年 4月 社団法人 高知県理学療法士会 保健部 部長 (平成24年3月まで)
平成27年 6月 40回中四国リハビリテーション医学会研究会、第35回日本リハビリテーション医学会中国・四国地方会座長 担当セッション:研究会Ⅵ 日時:平成27年6月28日 9:50~10:26 会場:高知大学医学部(岡豊キャンパス)実習棟3階 第2講義室
平成27年10月 高知県理学療法士協会 吸引研修会 講師
平成27年11月 第44回四国理学療法士学会 座長
平成27年12月 平成27年度高知県在宅歯科医療従事者研修会 講師
平成29年 5月 飛騨御嶽高原高地トレーニングエリア医科学サポートプロジェクト委員(平成29年5月1日~)
平成29年10月 公益社団法人日本理学療法士協会「第52回日本理学療法士協会全国学術研修大会(石川)」講師
担当テーマ:学校保健領域における理学療法士への期待と可能性 依頼日:平成29年10月20日 17:10~18:40 場所:ホテル金沢 (石川県金沢市)
社会における活動
平成16年 4月 土佐市介護保険審査会委員 (現在に至る)
平成20年 9月 日本スポーツマスターズ2008年 高知大会 サッカー競技役員(平成20年9月19~23日)
平成24年 7月 第31回全国ママさんバスケットボール大会 競技役員 (平成24年7月28~29日)
平成24年10月 日本スポーツマスターズ2008年 高知大会 サッカー競技役員(平成24年10月22~23日)
平成25年10月 東日本大震災復興支援 第12回全国ゴールデンシニアバスケットボール大会 競技役員 (平成25年10月12~13日)
平成25年10月 ねんりんピックよさこい高知2013大会 (競技役員) (平成25年10月27-28日)
平成26年 2月 龍馬マラソン2014 本部役員(救護スタッフ) (平成26年2月16日)
平成27年 2月 龍馬マラソン2015 本部役員(救護スタッフ) (平成27年2月15日)
平成27年11月 土佐市 元気はつらつ交流会 市民体力測定 
平成28年 2月 龍馬マラソン2016 本部役員(救護スタッフ) (平成28年2月16日)
平成28年11月 「土佐市ふれあいフェスタ2016inTOSAcity」における体力測定 (平成28年11月13日)
平成28年12月 土佐市 元気はつらつ交流会 市民体力測定
平成29年 2月 龍馬マラソン2017 本部役員(救護スタッフ) (平成29年2月19日)
受賞歴
平成25年11月 表彰:第41回四国理学療法士学会 奨励賞(共同研究者)
令和元年11月 受賞:第47回四国理学療法士学会 学会長賞
資格・免許
平成7年5月 理学療法士
平成10年1月 3学会合同呼吸療法認定士
平成14年9月 インテリジェント義足取扱認定状
平成26年7月 低酸素システムトレーナー
平成28年2月 防災士
担当科目
地域課題研究Ⅱ、健康科学、運動生理学、運動生理学実習、リハビリテーション概論、理学療法概論、電気診断学、運動療法学、運動療法学実習、理学療法臨床実習Ⅰ、理学療法臨床実習Ⅱ、理学療法臨床実習Ⅲ、理学療法地域支援実習、理学療法総合演習Ⅰ
研究業績
研究分野
人間医工学、健康・スポーツ科学
主要研究業績「著書」
・シンプル理学療法シリーズ内部障害理学療法テキストp137-144【共著】平成20年4月 南江堂
・シンプル理学療法シリーズ内部障害理学療法テキスト(改訂第3版)【共著】平成29年12月 南江堂
主要研究業績「学術論文」
・常圧低酸素環境が呼吸循環応答および代謝に与える影響(博士論文)【単著】平成26年3月 信州大学
・筋力の測定【共著】平成29年10月 リハビリテーション医学54:p761-763
・パーキンソの病患者の重症度と下肢筋力、下肢荷重率の関係【共著】平成29年9月 高知リハビリテーション学院紀要 第19巻1号 P.11~P.14
・Effect of Percutaneous Electrical Stimulation of the Leg Muscles under Acute Normobaric Hypoxic Environment on Blood Glucose Concentration【共著】平成30年6月年6月 日本保健科学学会誌21巻1号 Page23-27.
・恒久的ペースメーカーの感度調整を行うことで、自転車エルゴメータでの心肺運動負荷試験で運動処方が行えた一例【共著】平成30年6月 理学療法学 45巻3号 Page190-196.
主要研究業績「学会発表」
・学外における運動活動と指尖床間距離との関連性―2年間の運動器検診の調査結果の比較―【共同演者】平成30年10月 第5回日本予防理学療法学会学術大会(北九州市)
・学校保健法に基づく運動器検診の実施【共同演者】平成30年12月 第47回四国理学療法学術学会(高知市)
・運動器検診における養護教諭と理学療法士との連携―3年間の取り組みを振り返って―【共同演者】平成30年11月 第7回日本小児診療多職種研究会(北九州市)
・常圧低酸素下における経皮的電気刺激の糖代謝への影響【主演者】平成30年12月 第47回四国理学療法学術学会(高知市)
・高校野球選手に対する傷害予測―3年間のメディカルチェクより―【共同演者】平成30年12月 第47回四国理学療法学術学会(高知市)
 

PAGE TOP