教員|理学療法学専攻|高知リハビリテーション専門職大学

教員紹介

基本情報
氏名(漢字)
明﨑 禎輝
氏名(ローマ字)
Akezaki Yoshiteru
所属
リハビリテーション学科 理学療法学専攻
職名
准教授
基礎データ
学歴(学位)
平成14年3月 学校法人高知学園高知リハビリテーション学院 理学療法学科 卒業
平成14年3月 佛教大学社会福祉学部社会福祉学科(通信教育課程) 卒業 学士(社会学)
平成19年3月 高知県立高知女子大学(現・高知県立大学)大学院 人間生活学研究科 修士課程 修了 修士(学術)
平成23年3月 高知県立高知女子大学(現・高知県立大学)大学院 健康生活科学研究科 博士後期課程 修了 博士(学術)
職歴
平成14年4月 横浜病院 理学療法士(平成14年7月まで)
平成14年8月 厚生年金高知リハビリテーション病院 理学療法士(平成24年3月まで)
平成24年4月 関西福祉科学大学保健医療学部リハビリテーション学科 専任 講師(平成26年3月まで)
平成27年4月 国立病院機構 四国がんセンター(平成31年3月まで)
平成31年4月 高知リハビリテーション専門職大学 准教授(現在に至る)
所属学会
日本理学療法士協会会員
日本職業・災害医学会会員
学会における活動
平成14年4月 日本理学療法士協会会員(現在に至る)
平成27年6月 日本職業・災害医学会会員(現在に至る)
社会における活動
平成17年4月 社団法人高知県理学療法士会学術部部員(平成24年3月まで)
平成17年4月 「高知県理学療法」編集委員(平成24年3月まで)
平成29年6月 社団法人愛媛県理学療法士会学術部部員(平成31年3月31日)
平成28年4月 Japan Agency for Medical Research and Development 「外来がんリハビリテーションプログラムの開発に関する研究」のコアメンバー(現在に至る)
受賞歴
平成18年12月 第34回四国理学療法士学会長賞(共同研究者)
平成19年12月 第35回四国理学療法士学会長賞(共同研究者)
資格・免許
平成14年4月 理学療法士免許取得
平成22年4月 専門理学療法士(神経障害理学療法)
平成22年4月 専門理学療法士(生活環境支援理学療法)
担当科目
地域課題研究Ⅱ、理学療法セミナーⅡ(PBL)、理学療法測定実習Ⅰ、理学療法測定実習Ⅱ、物理療法学実習、 機能代償支援理学療法実習、理学療法臨床実習Ⅰ、理学療法臨床実習Ⅱ、理学療法臨床実習Ⅲ、理学療法地域支援実習、応用理学療法学演習
研究業績
研究分野
がん、脳卒中、健康増進、精神疾患
主要研究業績「著書」
地域理学療法学【共著】平成27年11月 羊土社
主要研究業績「学術論文」
・Factors affecting the discharge destination of patients with spinal bone metastases【共著(筆頭)】令和2年2月 「Annals of Rehabilitation Medicine」44:P.69~P.76
・Risk Factors for lymphedema in breast cancer survivors following axillary lymph node dissection」【共著(筆頭)】令和1年12月 「Progress in Rehabilitation Medicine」4 https://doi.org/10.2490/prm.20190021
・Risk factors for early postoperative psychological problems in breast cancer patients after axillary lymph node dissection【共著(筆頭)】令和1年11月「Breast Cancer」27:P.284~P.90

Research map 
主要研究業績「学会発表」
・Exercise promotion by motivational signs in older persons【共同演者】平成20年9月 The 10th International Congress of the Asian Confederation for Physical Therapy、 Chiba、 Japan
・The relationship weight-bearing rate on the affected limb and obstacle negotiating gait in the cerebrovascular hemiplegic patients【主演者】平成20年9月 The 10th International Congress of the Asian Confederation for Physical Therapy、 Chiba、 Japan
・Message banners can increase the use of stairs by office workers【共同演者】平成23年6月 The 16th International WCPT congress-World Physical Therapy、 Amsterdam、 Holland
・The relationship weight-bearing rate on the paretic limb and walking without cane in stroke patients【主演者】平成24年9月 ACPT&AWP2013、 Taiwan
・Does three months of Tai chi Yuttari-exercise improve the cardio ankle vascular index? Randomized controlled trial 【共同演者】平成24年9月 ACPT&AWP2013、 Taiwan
 

PAGE TOP