教員|理学療法学専攻|高知リハビリテーション専門職大学

教員紹介

基本情報
氏名(漢字)
稲岡 忠勝
氏名(ローマ字)
Inaoka Tadakatsu
所属
リハビリテーション学科 理学療法学専攻
職名
専攻長 准教授
基礎データ
学歴(学位)
平成5年3月 高知リハビリテーション学院理学療法学科 卒業
平成5年3月 佛教大学社会福祉学部社会学科 卒業 学士(社会学)
職歴
平成5年4月 自治医科大学附属大宮医療センター リハビリテーション科(平成10年3月まで)
平成10年4月 高知赤十字病院 リハビリテーション科(平成20年3月まで)
平成20年3月 学校法人高知学園高知リハビリテーション学院理学療法学科 講師(現在に至る)
平成31年4月 高知リハビリテーション専門職大学理学療法学専攻 准教授(現在に至る)
所属学会
公益社団法人日本理学療法学会
日本心臓リハビリテーション学会
一般社団法人理学療法科学学会
社会における活動
平成29年6月 公益社団法人高知県理学療法士協会 理事(現在に至る)
平成29年6月 公益社団法人高知県理学療法士協会 規約検討委員長(現在に至る)
資格・免許
平成5年5月 理学療法士
平成12年9月 日本心臓リハビリテーション学会 心臓リハビリテーション指導士
平成28年8月 アメリカ心臓病協会 BLS for Healthcare Provider資格取得
担当科目
地域課題研究Ⅱ、運動生理学実習、理学療法セミナーⅡ(PBL)、理学療法測定実習Ⅰ、理学療法測定実習Ⅱ、 理学療法臨床実習Ⅰ、理学療法臨床実習Ⅱ、理学療法臨床実習Ⅲ、理学療法地域支援実習、応用理学療法学演習、理学療法総合演習Ⅱ
研究業績
研究分野
健康増進、学生の学習、臨床実習について
主要研究業績「学術論文」
・足関節柔軟性と背屈角度測定時の矯正力の関係【共著】平成26年3月 高知リハビリテーション学院紀要 第15巻 P.15~P.18
・重錘負荷が立位バランスに与える影響【共著】平成26年3月 高知リハビリテーション学院紀要 第15巻 P.19~P.22
・下腿三頭筋に対するストレッチ時間と効果の関連【共著】平成27年3月 高知リハビリテーション学院紀要 第16巻 P.35~P.37
・運動負荷量の相違が運動再現性に与える影響 : レッグプレスにおける下肢屈曲運動での検討【共著】高知リハビリテーション学院紀要 第16巻 P.39~P.41
・授業時間内への熟達訓練導入の効果【共著(筆頭)】平成27年3月 高知リハビリテーション学院紀要 第16巻 P.43~P.45
主要研究業績「学会発表」
・講義時間内への熟達訓練導入の効果:解剖学用語の記憶課題における検討【主演者】平成23年5月 第46回日本理学療法学術大会
・記憶課題に対する新たな流暢性トレーニングの導入【主演者】平成24年9月 日本応用行動分析学会第30回年次大会
・プロンプト・フェイディング法を併用した熟達訓練の効果 -筋肉名,作用,支配神経,髄節の記憶課題について-【主演者】平成28年8月 一般社団法人全国リハビリテーション学校協会第29回教育研究大会
・高校野球選手に対する傷害予測【共同演者】平成30年12月 第47回四国理学療法士学会
 

PAGE TOP