教員|理学療法学専攻|高知リハビリテーション専門職大学

教員紹介

基本情報
氏名(漢字)
宮﨑 登美子
氏名(ローマ字)
Miyazaki Tomiko
所属
リハビリテーション学科 理学療法学専攻
職名
講師
基礎データ
学歴(学位)
平成8年3月 学校法人高知学園高知リハビリテーション学院 理学療法学科 卒業
平成8年3月 佛教大学社会福祉学部社会福祉学科 卒業 学士(社会学)
職歴
平成 8年4月 高知赤十字病院リハビリテーション科 理学療法士(平成18年3月まで)
平成19年6月 学校法人高知学園高知リハビリテーション学院理学療法学科 特任講師(平成25年3月まで)
平成25年4月 学校法人高知学園高知リハビリテーション学院理学療法学科 講師(現在に至る)
平成31年4月 高知リハビリテーション専門職大学リハビリテーション学科理学療法学専攻 講師(現在に至る)
所属学会
公益社団法人日本理学療法士協会
公益社団法人高知県理学療法士協会
3学会合同呼吸療法認定士委員会 
社会における活動
平成23年 6月 公益社団法人高知県理学療法士協会総務部における活動(平成29年6月まで)
平成28年 4月 学校法人高知学園高知小学校における運動器検診の実施(現在に至る)
平成28年12月 土佐市在住地域高齢者の体力測定の実施(現在に至る)
資格・免許
平成 8年4月 理学療法士
平成11年1月 3学会合同呼吸療法認定士
担当科目
地域課題研究Ⅱ、理学療法セミナーⅠ(PBL)、理学療法日常生活活動学実習、臨床理学療法技法演習(PBL)、理学療法臨床実習Ⅰ、理学療法臨床実習Ⅱ、理学療法臨床実習Ⅲ、理学療法地域支援実習、応用理学療法学演習
研究業績
研究分野
地域在住高齢者転倒予防 記憶課題に対するトレーニングなど 
主要研究業績「学術論文」
・学外における運動活動の有無が運動器検診の結果に与える影響【共著】平成30年3月 四国理学療法士学会誌40
・徒手筋力検査における徒手圧迫力のばらつきと再現性の検討【共著】平成31年3月 高知リハビリテーション学院紀要第20巻
・関節可動域の日内変動が測定値の再現性に与える影響【共著】平成31年3月 高知リハビリテーション学院紀要第20巻
・ストレッチの長期的効果の出現時期-ハムストリングスでの検討-【共著】平成31年3月 高知リハビリテーション学院紀要第20巻
・20歳代健常者の足関節底屈筋力【共著】平成31年3月 高知リハビリテーション学院紀要第20巻
主要研究業績「学会発表」
・プロンプト・フェイディング法を併用した熟達訓練の効果 -筋肉名,作用,支配神経,髄節の記憶課題について-【共同演者】平成28年8月 第29回教育研究大会・教員研修会
・学外における運動活動と指尖床間距離との関連性【共同演者】平成30年10月 第5回日本予防理学療法学会学術大会
・運動器検診における養護教諭と理学療法士との連携【共同演者】平成30年11月 第7回日本小児診療多職種研究会
・学校保健法に基づく運動器検診の実施【主演者】平成30年12月 第47回四国理学療法士学会
・レッグプレスマシーンによる足関節底屈筋力の測定【共同演者】平成30年12月 第47回四国理学療法士学会
 

PAGE TOP