教員|理学療法学専攻|高知リハビリテーション専門職大学

教員紹介

基本情報
氏名(漢字)
田頭 勝之
氏名(カナ)
タガシラ カツユキ
氏名(ローマ字)
Tagashira Katsuyuki
所属
リハビリテーション学科 理学療法学専攻
職名
リハビリテーション学科長 教授
基礎データ
学歴(学位)
昭和59年3月 高知リハビリテーション学院理学療法学科 卒業
平成21年3月 信州大学大学院工学系研究科修士課程 修了 修士(工学)
平成28年3月 国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科博士課程 保健医療学専攻 修了 博士(医療福祉学)
職歴
昭和59年4月 嬉野温泉病院(昭和61年1月まで)
昭和61年2月 医療法人慈孝会福角病院 (平成19年9月まで)
平成19年10月 愛媛医療専門大学校 理学療法学科 学科長(平成22年3月まで)
平成22年4月 徳島文理大学 保健福祉学部 理学療法学科 准教授(平成26年3月まで)
平成26年4月 徳島文理大学 保健福祉学部 理学療法学科 教授(平成31年3月まで)
平成31年4月 高知リハビリテーション専門職大学 リハビリテーション学科長・教授(現在に至る)
所属学会
日本理学療法士学会
理学療法科学学会
四国理学療法士学会
日本老年社会科学会
日本生体応用計測研究会
日本転倒予防学会
四国老人福祉学会
日本私立医科大学理学療法学会
学会における活動
平成18年8月 認知症ケア専門士認定試験論文審査員(平成28年3月まで)
平成21年6月 四国理学療法士学会評議委員(平成22年6月まで)
平成21年8月 第45回日本理学療法士協会全国学術研修大会副大会長(平成22年6月まで)
平成22年4月 四国理学療法士学会会長(平成22年6月まで)
平成25年2月 四国老人福祉学会第32回大会準備委員長
平成25年11月 第31回日本私立医科大学理学療法学会準備委員長
社会における活動
平成7年6月 社団法人愛媛県理学療法士会理事・副会長・会長(平成22年6月まで)
平成11年10月 松山市介護保険認定審査会委員(平成22年3月まで)
平成12年4月 松山市介護支援専門員協議会理事(平成22年3月まで)
平成12年12月 愛媛県介護支援専門員指導者(現在に至る)
平成13年4月 愛媛県リハビリテーション医学研究会理事(平成22年6月まで)
平成14年4月 社団法人日本理学療法士協会代議員(平成22年6月まで)
平成26年4月 公益財団法人ひかり協会徳島県地域専門委員(現在に至る)
平成28年12月 社会福祉法人みかん会評議員・理事(現在に至る)
受賞歴
平成24年11月 第40回四国理学療法士学会 学会長賞(共同研究者)
平成25年10月 四国老人福祉学会 第33回大会 学会賞(共同研究者)
平成30年6月 第36回日本理学療法士協会協会賞
平成31年2月 四国老人福祉学会 第37回大会 最優秀学会賞
資格・免許
昭和59年6月 理学療法士
平成11年6月 介護支援専門員
平成12年11月 厚生省介護支援専門員指導者
平成15年7月 介護予防指導員
平成17年1月 パワーリハビリテーション研究会認定指導員
令和元年5月 理学療法臨床実習指導者
担当科目
地域課題研究Ⅱ、理学療法管理学、老年期障害理学療法実習、生活環境支援理学療法実習、理学療法臨床実習Ⅰ、 理学療法臨床実習Ⅱ、理学療法臨床実習Ⅲ、理学療法地域支援実習、応用理学療法学演習、理学療法総合演習Ⅱ
研究業績
研究分野
・生活環境(室内の照度変化が重心動揺に及ぼす影響)
・転倒(エスカレーターの乗降動作に関する研究)
主要研究業績「学術論文」
・疼痛防止を目的とした特殊パッドを使用したハンドヘルドダイナモメーターによる測定法の信頼性【共著】平成26年7月 四国理学療法士会学会誌 第36号 p126~127
・理学療法士養成課程の大学生における社会的スキルと自己効力感との関係-生活スタイルからの検討-【共著】平成26年7月 臨床理学療法研究 第31巻 p21~24
・エスカレーターの乗降動作に関する研究(博士論文)【単著】平成28年3月 国際医療福祉大学 A4判 全104頁
・ビデオ撮影によるエスカレーター乗降動作の分析【単著】平成30年12月 四国老人福祉学会誌 論文集2018 p13~16
主要研究業績「学会発表」
・安全性、簡便性を考慮した透析中の筋力強化運動が移動能力・QOLに及ぼす効果【共同演者】平成27年2月 第5回透析運動療法研究会
・エスカレーター乗降における躓きの要因【主演者】平成28年10月 第3回日本転倒予防学会学術集会
・ビデオ撮影によるエスカレーター乗降動作の分析【主演者】平成29年10月 第4回日本転倒予防学会学術集会
・高齢者のエスカレーター乗降時に恐怖感を与える要因【主演者】平成30年2月 四国老人福祉学会第37回大会
・排泄に対するアプローチ強化の取り組み【共同演者】平成30年2月 第5回慢性期リハビリテーション学会
 

PAGE TOP