教員|理学療法学専攻|高知リハビリテーション専門職大学

教員紹介

基本情報
氏名(漢字)
重島 晃史
氏名(ローマ字)
Shigeshima Koji
所属
リハビリテーション学科 理学療法学専攻
職名
准教授
基礎データ
学歴(学位)
平成12年3月 学校法人高知学園高知リハビリテーション学院 理学療法学科 卒業
平成12年3月 佛教大学社会福祉学部社会福祉学科 卒業 学士(社会学)
平成21年3月 信州大学大学院工学系研究科機能高分子学専攻 修了 修士(工学) 
平成24年9月 信州大学大学院総合工学系研究科生命機能・ファイバー工学専攻 修了 博士(学術)
職歴
平成12年4月 社会福祉法人甲山福祉センター 砂子療育園(平成17年3月まで)
平成17年4月 学校法人高知学園高知リハビリテーション学院理学療法学科 講師 専任(平成31年3月まで)
平成31年4月 高知リハビリテーション専門職大学リハビリテーション学部リハビリテーション学科 理学療法学専攻 准教授(現在に至る)
所属学会
一般社団法人日本理学療法士協会
理学療法科学学会
日本重症心身障害学会
日本保健科学学会
日本行動分析学会
International Society of Physical and Rehabilitation Medicine
学会における活動
平成25年4月 日本物理療法学会 評議員(平成28年3月まで)
受賞歴
平成24年11月 第40回四国理学療法士学会学会長賞(筆頭演者)
資格・免許
平成12年5月 理学療法士
平成18年3月 専修学校准教員
平成19年12月 第34回理学療法士・作業療法士養成施設等教員講習会 修了
平成28年4月 専門理学療法士(教育・管理理学療法)
平成28年12月 AHA BLSヘルスケアプロバイダー
平成29年4月 専門理学療法士(基礎理学療法)
平成29年6月 赤十字幼児安全法支援員
担当科目
地域課題研究Ⅰ、地域課題研究Ⅱ、基礎運動学、運動機能学演習、理学療法評価学、発達障害理学療法実習、臨床理学療法技法演習(PBL)、理学療法臨床実習Ⅰ、理学療法臨床実習Ⅱ、理学療法臨床実習Ⅲ、理学療法地域支援実習、応用理学療法学演習、理学療法総合演習Ⅲ
研究業績
研究分野
発達障害、子どもの健康増進・障害予防、動作分析
主要研究業績「著書」
・小児理学療法学テキスト【共著】平成22年4月 南江堂
・小児理学療法学テキスト改訂第2版【共著】平成26年3月 南江堂
・小児理学療法学テキスト改訂第3版【共著】平成30年10月 南江堂
主要研究業績「学術論文」
・固定用ベルトの併用が筋力測定値に与える影響 : 徒手固定内での検討【共著】平成29年3月 高知リハビリテーション学院紀要 第18巻 P.43~P.46
・地方急性期病院における急性心不全患者への心臓リハビリテーションの現状【共著】平成29年5月 心臓リハビリテーション 第23巻 P.69~P.74
・急性暴露の常圧低酸素環境下における下肢への経皮的電気刺激が血糖値に与える影響【共著】平成30年5月 日本保健科学学会誌 第21巻 P.23~P.27
・学外における運動活動の有無が運動器検診の結果に与える影響―平成27年度運動器検診の調査結果より―【共著(筆頭)】平成30年3月 四国理学療法士会学会誌 第40巻 P.176~P.177
・障害児通所支援施設における通所支援サービスのニーズ調査について【共著】平成30年3月 四国理学療法士会学会誌 第40巻 P.96~P.97
主要研究業績「学会発表」
・理学療法士における目測精度の検討【主演者】平成28年 5月 第51回日本理学療法学術大会(札幌コンベンションセンター)
・幼児におけるしゃがみ込み動作の規定要因【主演者】平成29年5月 第52回日本理学療法学術大会(幕張メッセ)
・学外における運動活動と指尖床間距離との関連性―2年間の運動器検診の調査結果の比較―【主演者】平成30年10月 第5回日本予防理学療法学術大会(北九州国際会議場)
・運動器検診における養護教諭と理学療法士との連携―3年間の取り組みを振り返って―【主演者】平成30年11月 第7回日本小児診療多職種研究会(北九州国際会議場)
・幼児における運動器機能不全の実態調査―平成29年度調査より―【主演者】平成30年12月 第47回四国理学療法士学会(高知県立県民文化ホール)
 

PAGE TOP