教員|理学療法学専攻|高知リハビリテーション専門職大学

教員紹介

基本情報
氏名(漢字)
清岡 学
氏名(ローマ字)
Kiyooka Manabu
所属
リハビリテーション学科 理学療法学専攻
職名
講師
基礎データ
学歴(学位)
昭和58年3月 学校法人高知学園高知リハビリテーション学院 理学療法学科 卒業
平成19年3月 放送大学教養学部発達と教育専攻 卒業  学士(教養) 
平成27年3月 人間総合科学大学大学院人間総合科学研究科心身健康科学専攻修士課程 修了 修士(心身健康科学)
職歴
昭和58年4月 兵庫県信原病院リハビリテーション科 理学療法士(昭和61年3月まで)
昭和61年4月 医療法人野並会高知病院リハビリテーション科 理学療法士(平成21年4月まで)
平成21年5月 医療法人野並会介護老人保健施設あいおい副施設長(平成24年6月まで)
平成24年7月 高知リハビリテーション学院理学療法学科 助教授(平成29年3月まで)
平成29年4月 高知リハビリテーション学院理学療法学科 教授(現在に至る)
平成31年4月 高知リハビリテーション専門職大学理学療法学専攻 講師(現在に至る)
所属学会
公益社団法人日本理学療法士協会
公益社団法人高知県理学療法士協会
中四国リハビリテーション医学研究会
日本認定心理士会
日本心身健康科学学会
学会における活動
平成 5年6月 社団法人高知県理学療法士会(現:公益社団法人日本理学療法士協会) 理事(平成25年まで)
平成17年6月 社団法人高知県理学療法士会(現:公益社団法人日本理学療法士協会) 副会長(平成25年まで)
平成13年6月 社団法人日本理学療法士協会(現:公益社団法人日本理学療法士協会) 代議員(現在に至る)
社会における活動
平成11年10月 高知市介護認定審査会委員(平成27年3月まで)
平成29年 4月 とさ地区施設運営委員(現在に至る)
平成29年 6月 土佐市地域創生有識者委員(現在に至る)
平成29年 6月 土佐市国民健康保険運営協議会委員公益代表(現在に至る)
受賞歴
平成20年 5月 第42回日本理学療法学術大会 優秀賞受賞
平成23年 1月 高知県知事表彰受賞(医療福祉貢献分野)
資格・免許
昭和59年6月 理学療法士
平成20年2月 認定心理士
平成24年1月 赤十字救急法基礎研修終了
平成25年2月 災害リハコーディネーター
担当科目
地域課題研究Ⅱ、理学療法概論演習、運動器障害理学療法実習、老年期障害理学療法実習、理学療法臨床実習Ⅰ、理学療法臨床実習Ⅱ、理学療法臨床実習Ⅲ、理学療法地域支援実習、応用理学療法学演習、理学療法総合演習Ⅰ
研究業績
主要研究業績「学術論文」
・長期臨床実習において学生の感じるストレス【単著】平成16年2月 高知県理学療法第11号p.35-p.36
・入院規則を守らぬ回復期リハビリテーション病棟入院患者の一例 -患者教育に難渋した症例-【単著】平成19年9月 南大阪病院医学雑誌第55号p.43-p.47
・理学療法(リハビリテーション)に対する満足度調査成績 -外来患者を中心にして-【単著】平成19年3月 高知県理学療法第14号p.33-p.38
・セルフ・エスティームが臨床実習意欲に及ぼす影響【単著】平成19年3月 放送大学学士論文
・維持期リハビリテーションにおける業務管理【単著】平成22年3月 高知県理学療法
主要研究業績「学会発表」
・セルフ・エスティームが臨床実習意欲に及ぼす影響【主演者】平成19年5月 第42回日本理学療法士学会(新潟市)
 

PAGE TOP