教員|理学療法学専攻|高知リハビリテーション専門職大学

教員紹介

基本情報
氏名(漢字)
柏 智之
氏名(ローマ字)
Kashiwa Tomoyuki
所属
リハビリテーション学科 理学療法学専攻
職名
助教
基礎データ
学歴(学位)
平成13年3月 学校法人高知学園高知リハビリテーション学院 理学療法学科 卒業
平成16年3月 仏教大学社会学部社会福祉学科 卒業 学士(社会学)
平成21年3月 高知女子大学(現・高知県立大学)大学院人間生活学研究科人間生活学専攻 修士課程 修了 修士(学術)
職歴
平成13年4月 医療法人野並会高知病院リハビリテーション課 理学療法士(平成19年3月まで)
平成19年4月 学校法人高知学園高知リハビリテーション学院理学療法学科 講師(現在に至る)
平成31年4月 高知リハビリテーション専門職大学リハビリテーション学科理学療法学専攻 助教(現在に至る)
所属学会
日本理学療法士学会
高知県理学療法士協会
日本機械学会
資格・免許
平成13年5月 理学療法士
平成20年3月 専修学校准教員
平成23年2月 第37回理学療法士・作業療法士養成施設等教員講習会 修了
担当科目
地域課題研究Ⅱ、理学療法運動学演習、理学療法セミナーⅠ(PBL)、理学療法検査実習Ⅰ、理学療法検査実習Ⅱ、臨床理学療法技法演習(PBL)、理学療法臨床実習Ⅰ、理学療法臨床実習Ⅱ、理学療法臨床実習Ⅲ、理学療法地域支援実習、応用理学療法学演習
研究業績
研究分野
理学療法学、理学療法評価学、生体適合材料、健康・福祉工学、伝導
主要研究業績「学術論文」
・リハビリテーション上の問題点(Ⅱ)-回復期リハ病棟における難渋症例と在宅復帰率-【共著(筆頭)】平成24年 3月 高知市医師会医学雑誌第17巻 第1号P.66~P.71
・発泡ゴム作製プロセスに関するモデル実験(発泡特性と架橋特性の関係)【共著】平成25年10月 日本機械学会論文集B編第79巻 第806号P.2207~P.2216
・Maintenance of the Rate of Stair Use over a Long-term Period Using a Stair Climbing Campaign【共著】平成26年11月 Journal of Occupational Health第56巻P.511~P.518
・ハンドヘルドダイナモメーターによる徒手圧迫力の測定【共著(筆頭)】平成28年3月 高知リハビリテーション学院紀要第17巻P.39~P.41
・足関節最大底屈回数と等尺性膝伸展筋力の関係‐高齢運動器疾患患者における検討‐【共著(筆頭)】平成31年3月 四国理学療法士学会誌41(印刷中)
主要研究業績「学会発表」
・両面加熱金型による発泡ゴムの架橋【共同演者】平成24年3月 日本機械学会中四国支部 第50回総会・講演会(広島)
・両面加熱金型による発泡ゴムの架橋(続報)【主演者】平成25年3月 日本機械学会中四国支部第51期総会・講演会(高知)
・ISOMERIC KNEE EXTENSION STRENGTH IN 3 TO 6 YEARS HEALTHY CHILDREN USING A HAND-HELD DYNAMOMETRY【共同演者】平成25年9月 WCPT-AWP & ACPT Congress 2013(Taiwan)
・健常者における足関節底屈最大反復回数と足関節底屈1RM値【主演者】平成28年5月 第51回日本理学療法学術大会(札幌)
・足関節最大底屈回数と等尺性膝伸展筋力の関係‐高齢運動器疾患患者における検討‐【主演者】平成30年12月 第47回四国理学療法士学会(高知)
 

PAGE TOP