教員|理学療法学専攻|高知リハビリテーション専門職大学

教員紹介

基本情報
氏名(漢字)
小嶋 裕
氏名(カナ)
オジマ ユタカ
職名
学長 教授
基礎データ
学歴(学位)
昭和46年3月 高知リハビリテーション学院理学療法学科 卒業
平成3年3月 佛教大学社会学部社会福祉学科 卒業 学士(社会学)
平成4年4月 高知医科大学(現:国立大学法人高知大学)医学部医学科(公衆衛生学講座)研究生入学
平成14年3月 高知医科大学(現:国立大学法人高知大学)医学部医学科 学位申請に必要な研究歴満期
平成25年4月 国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科(先進的ケアネットワーク開発研究分野)研究生入学
平成26年9月 博士(介護福祉・ケアマネジメント学)取得(国際医療福祉大学大学院 保博乙第38号)
職歴
昭和46年8月 公立三豊総合病院理学診療科(昭和48年8月まで)
昭和48年9月 兵庫県立のじぎく療育センター理学診療科(昭和52年6月まで)
昭和52年7月 高知リハビリテーション学院理学療法学科 (平成12年3月まで)
平成12年4月 聖カタリナ女子大学(現:聖カタリナ大学)社会福祉学部社会福祉学科 助教授(平成14年3月まで)
平成12年4月 聖カタリナ女子大学(現:聖カタリナ大学)人間文化研究所 所員(平成22年3月まで)
平成14年4月 聖カタリナ女子大学(現:聖カタリナ大学)社会福祉学部 教授(平成22年3月まで)
平成22年4月 徳島文理大学保健福祉学部理学療法学科 教授・学科長(平成30年3月まで)
平成23年9月 徳島文理大学大学院看護学研究科(平成30年3月まで)
平成31年4月 高知リハビリテーション専門職大学 学長・教授(現在に至る)
所属学会
日本理学療法士学会
日本公衆衛生学会
日本老年社会科学会
日本自立支援学会
全国大学理学療法教育学会
四国理学療法士学会
四国老人福祉学会
全国地域リハビリテーション研究会
高知県リハビリテーション研究会
学会における活動
平成10年 四国老人福祉学会第17回大会 実行委員会(事務局長)
平成14年 四国老人福祉学会第22回大会 準備委員長(事務局長)
平成18年4月 聖カタリナ大学「人間文化研究所紀要」編集委員長(平成21年度まで)
平成23年1月 日本福祉文化学会第12回中国・四国ブロック徳島大会 運営委員会委員
平成23年10月 第19回日本物理療法学会 運営委員(相談役)
平成24年5月 徳島県訪問リハビリテーション研究会 顧問(平成30年3月まで)
平成25年2月 四国老人福祉学会第32回大会 大会長
平成25年 四国老人福祉学会 理事(現在に至る)
平成25年11月 第31回日本私立医科大学理学療法学会 学会長
社会における活動
平成9年 高知県障害者スポーツ指導者連絡協議会 監査(平成11年度まで)
平成10年 高知県テニス協会 理事・国体高知県選手団選考委員会委員・国体対策委員(平成11年度まで)
平成12年5月 愛媛県北条市「駅東口再開発検討委員会」委員(福祉環境担当)(平成13年3月まで)
平成13年5月 愛媛県北条市「中心市街地活性化基本計画策定委員会」委員(福祉環境担当)(平成14年3月まで)
平成15年4月 (社)愛媛県社会福祉事業団 苦情解決第三者委員(平成22年3月まで)
平成19年4月 (社)日本社会福祉士養成校協会(役員)「社会福祉援助技術教育に関する委員会実習教育部会」中国・四国ブロック代表委員(平成21年3月まで)
令和元年5月 「土佐市立保育所・小中学校統廃合等検討委員会」委員長(令和2年3月25日まで)
令和2年度 高知學長会議・構成員(現在まで)
令和2年5月1日 土佐市「土佐市人づくり奨学生選考委員会」委員(令和4年4月30日まで)
令和2年7月1日 土佐市「高齢者福祉計画・介護保険事業計画策定委員会」委員(令和3年3月まで)
令和2年11月4日 土佐市「土佐市立保育所小中学校統廃合等審議会」議長(令和4年3月31日まで)
令和3年2月17日 土佐市「土佐市情報公開・個人情報保護審査会」委員(令和5年1月31日まで)
受賞歴
昭和54年12月 医学書院 第4回「理学療法と作業療法」賞 準入賞
昭和60年11月 四国老人福祉学会第4回大会 学会賞
平成2年11月 第49回日本公衆衛生学会総会 レイアウト賞
平成13年11月 四国老人福祉学会第19回大会 優秀学会賞(共同研究者)
平成18年11月 四国老人福祉学会第25回大会 最優秀学会賞(共同研究者)
平成24年11月 第40回四国理学療法士学会 学会長賞(共同研究者)
平成25年2月 四国老人福祉学会第32回大会 学会賞(共同研究者)
平成29年6月 (公益社団)日本理学療法士協会 平成28年度第35回協会賞(功労分野)
平成30年2月 四国老人福祉学会第36回大会 学会賞(共同研究者)
資格・免許
昭和46年7月 厚生大臣 理学療法士(10178号)
昭和53年3月 聖母整枝園 Neurodevelopmental(Bobath)Treatment(an 8 weeks’course)修了Neurodevelopmental Therapist(NDT)取得(国際公認)
昭和59年10月 ボバース病院 Bobath Approach to the Treatment for Adult Hemiplegia(3 weeks’course)修了(AH-00082)(国際公認)
平成7年9月 (財)日本身体障害者スポーツ協会 公認身体障害者初級スポーツ指導員(6619号)
平成7年10月 (財)日本体育協会 B級公認スポーツ指導員(051B015866号)
平成11年8月 日本障害者フライングディスク連盟 公認指導者(2種)(199939028号)
平成12年8月 (社)日本理学療法士協会(認定)「専門理学療法士(生活環境支援系)」(5-13)更新:平成29年4月1日(2017S-05-000014)
平成17年10月 (財)日本体育協会,(財)日本テニス協会 公認テニス上級指導員(0015866号)
平成23年4月 日本公衆衛生学会 認定専門家(第623号)
担当科目
リハビリテーション概論、理学療法概論、地域理学療法学、ヘルスプロモーション演習、理学療法地域支援実習、理学療法総合演習Ⅱ、理学療法総合演習Ⅲ
研究業績
研究分野
理学療法学,社会福祉学,老年社会学,公衆衛生学
主要研究業績「著書」
・実学としての理学療法概論【共著】平成27年11月 文光堂 P.151~P.165
・標準理学療法学 日常生活活動学・生活環境学(第5版)【共著】平成29年11月15日 医学書院 P.72~P.80
主要研究業績「学術論文」
1. 理学療法士養成課程の大学生における社会的スキルと自己効力感の関係【共著】平成26年7月 臨床理学療法研究 第31巻 P.21~P.24
2. 地域在住高齢者に対する主観的幸福感とうつの評価を用いての QOL に関する研究 【単著】平成26年9月 博士学位論文(介護福祉・ケアマネジメント学)総頁 53頁 国際医療福祉大学
3. Usefulness of a nobel higher brain dysfunction screening test for evaluating higher brain function in healthy persons.【共著】平成29年8月 The journal of medical investigation VOL.64,August,2017
4. 徳島県における地域在住高齢者の外出における自動車利用に関する実態調査【共著】平成30年1月 理学療法徳島 VOL.7 2018 P.59~P.64
5. 地域在住高齢者の外出に影響を及ぼす因子-疼痛の有無,自動車利用の視点からの検討-【共著】平成30年3月 四国理学療法士学会誌 第40号 P.106~P.107
6. Quality of Life(生活の質)とSuccessful Aging(幸福な老い)-第1報:QOLの概念とQOLの分野-【単著】平成30年12月 四国老人福祉学会誌 論文集 2018 P.7~P.11
7.Quality of Life(生活の質)とSuccessful Aging(幸福な老い)-第2報:Successful AgingとQOL評価の捉え方-【単著】令和3年3月 四国老人福祉学会誌 論文集 2020 P.1~P.5
主要研究業績「学会発表」
1. 歩行中につまさきを合わせる課題が,年齢別の歩行機能に与える影響【共同演者】平成26年2月 四国老人福祉学会第33大会(高知)
2. 地域高齢者の脊柱可動性と歩行の関係性および歩行指導の即時効果の検討(第3報)-経年的変化と介入効果の検討-【共同演者】平成27年6月 第50回日本理学療法学術大会(東京)
3. 介護老人保健施設における介護職員の身体的・精神的な介護負担に関する研究【共同演者】平成29年3月 四国老人福祉学会 第36回大会(徳島)
4. 徳島県における地域在住高齢者の外出における自動車利用に関する実態調査【共同演者】平成29年10月 第28回徳島県理学療法士学会(徳島)
5. 地域在住高齢者の外出に影響を及ぼす因子-疼痛の有無,自動車利用の視点からの検討-【共同演者】平成29年11月 第46回四国理学療法士学会(高知)
 

PAGE TOP