教員|理学療法学専攻|高知リハビリテーション専門職大学

教員紹介

基本情報
氏名(漢字)
大倉 三洋
氏名(ローマ字)
Okura Mtsuhiro
所属
リハビリテーション学科 理学療法学専攻
職名
学部長 教授
基礎データ
学歴(学位)
昭和46年3月 高知リハビリテーション学院理学療法学科 卒業
平成9年3月 佛教大学社会学部社会福祉学科 卒業 学士(社会学)
平成19年3月 信州大学大学院工学系研究科生物機能工学専攻博士後期課程 修了 博士(学術)
職歴
昭和46年4月 順天堂大学医学部附属順天堂伊豆長岡病院(昭和54年3月まで)
昭和54年4月 学校法人高知学園高知リハビリテーション学院理学療法学科 専任講師
昭和64年4月 学校法人高知学園高知リハビリテーション学院理学療法学科 専任助教授
平成13年4月 学校法人高知学園高知リハビリテーション学院理学療法学科 専任教授(現在に至る)
平成31年4月 高知リハビリテーション専門職大学リハビリテーション学科理学療法学専攻 専任教授(現在に至る)
所属学会
日本理学療法士学会
四国理学療法士学会
日本生体応用計測研究会
日本保健科学学会
社会における活動
平成28年1月 非営利活動法人土佐の風 理事長(現在に至る)
平成29年4月 社会福祉法人高知小鳩会 評議員(現在に至る)
受賞歴
平成17年5月 日本理学療法士協会「協会賞」
平成22年1月 高知県「高知県功労者表彰」
平成22年3月 読売新聞社「第38回医療功労賞」
資格・免許
昭和47年6月 理学療法士
担当科目
地域課題研究Ⅱ、健康科学、運動生理学、運動生理学実習、リハビリテーション概論、理学療法概論、電気診断学、運動療法学、運動療法学実習、理学療法臨床実習Ⅰ、理学療法臨床実習Ⅱ、理学療法臨床実習Ⅲ、理学療法地域支援実習、理学療法総合演習Ⅰ
研究業績
研究分野
人間医工学、健康・スポーツ科学、基礎医学
主要研究業績「著書」
・理学療法ハンドブック【共著】平成12年4月 協同医書出版
・理学療法学辞典【共著】平成18年4月 医学書院
主要研究業績「学術論文」
1. 常圧低酸素環境が安静時の呼吸循環系に与える影響について【共著】平成24年10月 生体応用計測第3巻P.33-P.36
2. フェイスマスク装着が呼吸住管へ与える影響について【共著】平成25年3月 四国理学療法士学会誌第35巻P.82-P.83
3. Effect of Percutaneous Electrical Stimlation of the Leg Muscles under Acute Normobaric Hypoxic Environment on Blood Glucose Concentration. 【共著】平成30年 日本保健科学学会誌21巻P.15-P.18
主要研究業績「学会発表」
1. 常圧低酸素環境下での運動時の呼吸循環および代謝への影響【共同演者】平成25年5月 第47回日本理学療法学術大会(名古屋)
2. 常圧低酸素環境への急性暴露における組織酸素量および同環境下の一週間の身体活動による血液性状の影響【共同演者】平成27年6月 第50回日本理学療法学術大会(東京)
3. 高校野球選手に対する傷害予測【共同演者】平成30年12月 第47回四国理学療法士学会(高知市)
4. 常圧低酸素かにおける経皮的電気刺激の代謝への影響【共同演者】平成30年12月 第47回四国理学療法士学会(高知市)
 

PAGE TOP