教員|理学療法学専攻|高知リハビリテーション専門職大学

教員紹介

基本情報
氏名(漢字)
山﨑 裕司
氏名(ローマ字)
Yamasaki Hiroshi
所属
リハビリテーション学科 理学療法学専攻
職名
教授
基礎データ
学歴(学位)
昭和61年3月 高知リハビリテーション学院理学療法学科 卒業
平成4年3月 駒澤大学二部経済学部経済学科 卒業 学士(経済学)
平成7年3月 筑波大学大学院修士課程教育研究科カウンセリング専攻修士課程 修了 修士(教育学) 
平成11年12月 昭和大学医学部特別研究生 博士(医学)
職歴
昭和61年4月 聖マリアンナ医科大学病院リハビリテーション部 理学療法士(平成13年3月まで)
平成13年4月 学校法人高知学園高知リハビリテーション学院理学療法学科 講師
平成19年4月 学校法人高知学園高知リハビリテーション学院理学療法学科 学科長(平成23年3月まで)
平成31年4月 学校法人高知学園高知リハビリテーション専門職大学教授・図書館長(現在に至る)
所属学会
日本理学療法士学会
日本行動分析学会
日本体力医学会
日本心臓リハビリテーション学会
学会における活動
平成15年4月 日本心臓リハビリテーション学会評議委員(平成23年3月まで)
平成16年4月 四国理学療法士学会評議委員(現在に至る)
社会における活動
平成15年4月 社団法人高知県理学療法士会理事(平成24年3月まで)
平成24年4月 公益社団法人高知県理学療法士協会理事(現在に至る)
受賞歴
平成8年5月  日本理学療法士学会 学会長賞 受賞
平成 9年12月 理学療法ジャーナル賞 受賞
平成16年7月 日本行動分析学会 実践賞 受賞
平成16年12月  理学療法ジャーナル 準入賞
平成18年12月  総合リハビリテーション賞 受賞
平成21年 5月  日本理学療法士学会 優秀賞 受賞
資格・免許
昭和61年5月 理学療法士
担当科目
地域課題研究Ⅱ、理学療法運動学演習、臨床運動学、理学療法日常生活活動学、理学療法日常生活活動学実習、 内部障害理学療法実習、理学療法臨床実習Ⅰ、理学療法臨床実習Ⅱ、理学療法臨床実習Ⅲ、理学療法地域支援実習、応用理学療法学演習
研究業績
研究分野
理学療法学,動作学習,応用行動分析学,高齢者の体力
主要研究業績「著書」
・リハビリテーション効果を最大限に引き出すコツ-応用行動分析で運動療法とADL訓練は変わる 第3版【共著】令和元年6月 三輪書店
・セラピスト教育のためのクリニカルクラーク・シップのすすめ 第2版【共著】平成31年1月 三輪書店
・シンプル理学療法学 内部障害理学療法学テキスト 第3版【共著】平成29年12月 南江堂
・理学療法士・作業療法士のためのできる!ADL練習【共著】平成28年6月 南江堂
主要研究業績「学術論文」
・歩行速度と歩行自立度の関連【共著】平成26年7月 理学療法科学 第32巻5号 P.635~P.638
・筋力の測定【共著】平成26年7月 臨床理学療法研究 リハビリテーション医学54巻10号 P.741-P.743
・筋力評価における筋力閾値の重要性【単著】平成30年12月 高知県理学療法24巻 P.15-P.18
・認知症患者に対する動作練習【単著】平成28年3月 理学療法えひめ32巻 P.40-P.44
・20歳代健常者の足関節底屈筋力【共著(筆頭)】平成30年12月 高知リハビリテーション学院紀要20巻 P.43-P.45
主要研究業績「学会発表」
・脳血管障害片麻痺者に対する起き上がり練習【主演者】平成29年11月 第46回四国理学療法士学会(徳島)
・レッグプレスマシーンによる足関節底屈筋力の測定【主演者】平成30年12月 第47回四国理学療法士学会(高知)
・認知症患者に対する理学療法【主演者】平成30年12月 第47回四国理学療法士学会(高知)ランチョンセミナーⅠ
 

PAGE TOP