教員|言語聴覚学専攻|高知リハビリテーション専門職大学

教員紹介

基本情報
氏名(漢字)
光内 梨佐
氏名(ローマ字)
Mitsuuchi Risa
所属
リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻
職名
講師
基礎データ
学歴(学位)
平成15年3月 学校法人高知学園高知リハビリテーション学院言語療法学科 卒業
平成15年3月 佛教大学社会学部社会福祉学科 卒業(学士 社会学)
平成22年3月 高知大学大学院総合人間自然科学研究科医科学専攻 修士課程 終了(医科学) 
職歴
平成15年4月 医療法人室原会菊南病院(平成18年3月まで)
平成18年4月 学校法人高知学園高知リハビリテーション学院言語療法学科 助手 専任(平成20年3月まで)
平成20年4月 学校法人高知学園高知リハビリテーション学院言語療法学科 講師 専任(現在に至る)
平成31年4月 学校法人高知学園高知リハビリテーション専門職大学 講師(現在に至る)
所属学会
高知県言語聴覚士会
一般社団法人日本言語聴覚士協会
一般社団法人日本高次脳機能障害学会
社会における活動
平成15年4月 失語症友の会(りんどう会)入会(平成18年3月まで)
資格・免許
平成15年3月 言語聴覚士
平成30年7月 一般社団法人日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントキッズインストラクター
令和3年10月 認定言語聴覚士(失語・高次脳機能障害領域)
担当科目
地域課題研究Ⅱ、言語聴覚療法セミナーⅠ、言語聴覚療法セミナーⅡ、失語・高次脳機能障害検査実習、発声発語・嚥下障害検査実習、発声発語・嚥下障害評価実習、言語聴覚療法技術実習Ⅱ(高次脳機能障害)、言語聴覚療法実習Ⅰ、言語聴覚療法実習Ⅱ、言語聴覚療法実習Ⅲ、言語聴覚療法地域支援実習、応用言語聴覚学演習
研究業績
研究分野
高次脳機能障害、学習障害
主要研究業績「学術論文」
1 失語症者のAuditory Retention Span(ARS)における到達目標値~若年者のARS testより(修士論文)【単著】平成23年3月 高知大学A4判全15貢
2 専門学生における生活の状況に関する調査【共著(筆頭)】平成26年2月 四国公衆衛生誌第59巻第1号P57
3 行動観察における学生の記録達成率の変化-自閉症児の訓練場面のビデオを用いた検討-【共著】高知リハビリテーション学院紀要第19巻2号 P49~P54
4 ルーブリックを評価基準に用いた感想文指導に関する研究【共著(筆頭)】平成30年3月 高知リハビリテーション学院紀要第19巻第2号P55~P60
5 SD法を用いた脳性麻痺児及び進行性筋疾患児の映像視聴による学生のイメージ変化の測定【共著】平成30年3月 高知リハビリテーション学院紀要第19巻第2号P61~P64
主要研究業績「学会発表」
1 失語症者のAuditory Retention Span(ARS)における到達目標値~若年者のARS testより【主演者】第11回日本言語聴覚学会(大宮ソニックシティ)
2 音声障害に対するアプローチ-高知県の音声治療の現状と課題【共同演者】第11回日本言語聴覚学会(大宮ソニックシティ)
3 言語聴覚士養成校学生の専門性に関する意識調査【共同演者】平成23年7月 第7回四国言語聴覚学会(ユープラザうたづ)
4 3歳児健康診査での言語聴覚士の取り組み【共同演者】平成25年2月 平成25年度四国公衆衛生研究発表会(高知城ホール)
5 専門学生における生活の状況に関する調査【共同演者】平成25年2月 平成25年度四国公衆衛生研究発表会(高知城ホール)
6 音韻操作障害と失構音を呈した一例【共同演者】平成30年6月 第19回日本言語聴覚学会(富山県民会館)
 

PAGE TOP