在学生・卒業生の声

    • 臨床経験のある先生が多く、
    • 実際場面も想定した授業があります。
    • 臨床経験のある先生が多く、
    • 実際場面も想定した授業があります。
    NATSUMI CHINDA
    鎭田 菜摘さん
    高知県立窪川高等学校卒
    作業療法学専攻4年

進路の決定について

小学生の頃から人の役に立つ仕事がしたいという思いがあり、中学生の時に行った職業調べでリハビリテーションに出会いました。

高校入学後に参加したオープンキャンパスで、実際の生活場面で困りごとを抱えている方の支援を通し、その人らしい生活、人生が送れるように支援していきたいと思い、作業療法学専攻を選びました。

高知リハ大での学び

3年生になると増える実習科目では、これまで学んできた内容を色々なところから引き出し、それを合わせて実習を行なっていきます。

今まで習ったことが繋がっていくのがとても嬉しく、これからも頑張って知識を吸収し、繋げていきたいと勉強のモチベーションも高まります。臨床経験のある先生が多く、実際場面も想定した授業もあり、とても学びが深まります。

将来の夢

将来は障害者の方や高齢者の方など、生活の中での困りごとなどにより作業療法を必要としている方の役に立てる作業療法士になりたいです。対象者の方がこれからの人生を送っていくにあたり、その人らしい生活が送れるように支援していきたいです。